RSS
 

Archive for 8月 4th, 2014

久しぶりの富士山

04 20148月

このところ見えそうで見えなかった富士山。

昨日はうっすらと見えていたのですが、今日は昨日よりもややはっきり見えました。

昨日8/3(日)17:28頃の写真です。
どこにあるか見つけられるでしょうか・・・?
8/3(日)17:28頃

そしてこちらは8/4(月)18:30頃の写真です。
8/4(月)18:30頃

 
今日は風が強いです~!!

四国の方は雨がたくさん降っているそうですね。
大丈夫でしょうか・・・。

 
久しぶりの富士山 はコメントを受け付けていません

Posted in あれこれ

 

ナンバー23

04 20148月

引き続き、「ナンバー23」も観ました。

エックハルトさんの話で、思考に囚われている状態の例として出てきた
映画で、一度観てみたいと思っていました。

傍から見るとあまり関係ないと思われることも、すべて「23」にこじつけて、
「23」に囚われていきます。

 
たとえば、ピンクは、赤27と白65が混ざり合った色で、それをピンクの
文字数(PINK=4文字)で割ると(27+65)÷4=23で「23」 になる!
といった具合。

どうして割るのか意味不明ですが、なんとかして「23」を作り出したい
と思う人は何でもするのですね・・・。

しかも「「32」は「23」の逆ではないか!」といったことまで。
「32」と「23」は関係ありません、と言いたくなります(笑)

23という数字は使いやすいのでしょうか?

 
主演はジム・キャリーですが、お笑いは一切無しです。
ジャンルはサスペンス・ミステリーです。

 
ストーリーはうまく説明できないので、Amazonから引用します。
 ↓↓
【ストーリー】
主人公ウォルターが手にした一冊の本。その物語は、背筋のぞっとするような
殺人ミステリーだった。自らの生い立ちに酷似した内容で、まるで何かを暗示
するように「23」という数字が何度も出現する。
小説を読み進むうちに、小説の中の出来事と現実の出来事の境界が不明になって
いき、周囲では次々と怪事件が起こり始める。

 
ナンバー23 はコメントを受け付けていません

Posted in 映画