RSS
 

Archive for 8月, 2014

スカルプ・ブラシ

31 20148月

まだ8月なのに、ここ数日は秋を思わせる涼しさです。
今日も涼しいです。

そんな8月も今日で終わりですね。雨の多い8月でした。
9月はどんな風なのでしょう?

 
さて、昔から知り合いのご婦人に「エス・ハート・エス スカルプブラシ」を
いただきました。なんでも、このブラシを使ってから髪の調子がよいのだとか。

スカルプ・ブラシ

 
「頭皮密着設計(クラウン構造)」で、頭のどこからとかしても頭皮にフィット
する設計なのだそうです。

シャンプーのときもブローの時も使えるそうなので、早速使ってみたいと思います。

 
ツヤツヤでコシのある髪になるのかな?
変化が楽しみです。

 
 
あと、こちら↓は桜木町駅の傍にあるレストランです。
照明がキラキラしてキレイだったので写真をとりました。

桜木町でランチ

ランチが美味しく、景色もよく、スタッフの方の笑顔も気持ちよく、
とても素敵な時間を過ごせました♪

 
スカルプ・ブラシ はコメントを受け付けていません。

Posted in あれこれ

 

日の名残り

28 20148月

今日も肌寒い朝から始まりました。
今日の最高気温は23度で、10月中旬並みの気温だと天気予報の
お姉さんが言っていました。 9月はどこへ・・・?

 
さて、今回は「日の名残り」(DVD)のご紹介です。

別のブログでは明日ご紹介する予定なのですが、
あちらには書かないことも交えながらご紹介したいと思います。

 
主人公は、イギリスの貴族に仕える執事(アンソニー・ホプキンス)です。
昔お屋敷で共に仕事をしていた女性から手紙をもらい、会いに行きながら
20年前に共に働いていた時を回想します。
その回想シーンが物語の大半を占めます。

屋敷に仕える者たちの動きが清々しいというか、見ていて気持ちのよい
映画でした。
特に執事のスティーブンス(アンソニー・ホプキンス)の仕事っぷりは
徹底しています。どこまでも主に忠実に仕える執事なのです。

エゴの強い人だと自分の意見を述べてしまいそうな場面でも、とにかく
仕事に忠実です。

言動を非難されても人格を否定されるわけではない。

 
スティーブンスは仕事に忠実なあまり自分の感情は全く表に出さない
のですが、口数少なく表情も乏しいのに感情が伝わってきます。

普段、人の感情はあまり読み取らない私ですらなんとなく伝わってくる
という、その微妙な加減がすばらしいと思いました。
アンソニー・ホプキンス・・・。

 
なんといいましょうか、激しいアクションや感情をぶつけ合うシーンが
あるわけではないのですが、見入ってしまいました。

時間の都合でカットされているシーンもあるそうなので、原作を読み
たいと思っています。
特に後半のカットされているシーンが気になります。
どうやら、スティーブンスが感情を出す場面があるそうなのです。

 
そうそう、ヒュー・グラントも出ていました。
やっぱり彼はなんとなくあんな感じでした(笑)

 
毎度のことながら、ストーリーをうまくご紹介できないので、amazon
から引用します。
 ↓↓
【ストーリー】
1958年。ダーリントン邸の老執事スティーブンスのもとに、以前共に
屋敷で働いていた女性ミス・ケントンから一通の手紙が届く。
懐かしさに駆られる彼の胸に20年前の思い出が蘇るーー。
当時、主人に対して常に忠実なスティーブンスと勝ち気なケントンは
仕事上の対立を繰り返していた。
二人には互いへの思慕の情が少しずつ芽生えていたが、仕事を最優先
するスティーブンスがそれに気づくはずもなかった。
そんな中、ケントンに結婚話が持ち上がる。
それを知ったスティーブンスは激しく動揺するが…。

 

 
日の名残り はコメントを受け付けていません。

Posted in 映画

 

Dr.パルナサスの鏡

27 20148月

今日は涼しいです。朝は半袖では肌寒いくらいでした。
まだ学生は夏休みが残っているというのに・・・。
また暑くなるのかな?

 
さて、また映画のご紹介です。
今回は「Dr.パルナサスの鏡」(DVD)を観ました。

ジャケットにジョニー・デップとジュード・ロウが写っていたからなのですが(動機が…)、
これはヒース・レジャーの遺作だったのですね。

ヒース・レジャーが出演している映画は観たことがないのですが、「ダークナイト」は
観てみようと思いました。

 
感想は・・・、実はよくわからなかったのです(笑)
自分に妄想癖があるわりには、こういった空想の世界を理解するのは時間がかかるというか、
トニー(ヒース・レジャー)はパルナサス達にとってよい人だったのか悪い人だったのか
わからないままに終わってしまいました。
どちらの面も持っている、と言ってしまえばそうなのかも知れませんが。

もう一度観たらわかるかな?

 
 
【ストーリー】 ※もちろん?Amazonから引用しました。
2007年、ロンドン。パルナサス博士が率いる旅芸人の一座が街にやってきた。博士の出し物は、
人が密かに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうで形にして見せる「イマジナリウム」。
博士の鏡をくぐりぬけると、そこにはどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。
しかし、1000歳になるという博士には、悲しい秘密があった。
それは、たった一人の娘が16歳になったときに悪魔に差し出すという約束をしたこと。
タイムリミットは、3日後に迫った娘の誕生日。一座に加わった記憶喪失の青年トニーとともに、
博士は、鏡の迷宮で最後の賭けに出る。彼らは、娘を守ることができるのか?

 
Dr.パルナサスの鏡 はコメントを受け付けていません。

Posted in 映画

 

夏祭り♪

24 20148月

こんにちは♪

この週末、私が住んでいる地域は夏祭りなのです。

うちのテラスから、出店やそれを楽しむ人々、盆踊りやカラオケ大会?まで
楽しめてしまいます。

 
当初は週末不在の予定だったのですが、急きょ予定が変更になり、今日は
朝からお祭り気分を楽しんでいます♪

そして、昨晩は大好きな花火までも楽しめてしまいました♪

この夏祭りと花火が終わると、毎年夏の終わりを感じます。

 
 
今年のカラオケは嵐の曲が多いようです(♪走り出せ~、走り出せ~)
嵐の曲は元気になれる曲が多いですね^^

 
では、今日も一日ゆっくり楽しく過ごしましょう♪♪♪

 
夏祭り♪ はコメントを受け付けていません。

Posted in あれこれ

 

暑い夜

21 20148月

おはようございます(現在7:00です)。

昨晩から今朝にかけて、気温が28度までしか下がりませんでした。

最近は朝方窓を開けると涼しい風が入ってきていたのに、今日は
風もなく、とにかく朝から暑いです。

もう8月も終わりなのにどうなってしまったのでしょう・・・。

 
今日の最低気温は28度。熱中症に気を付けなければ。

 
朝から少し愚痴でした(汗)

ではみなさんよい一日を~♪

 
暑い夜 はコメントを受け付けていません。

Posted in あれこれ

 

木漏れ日の家で

18 20148月

最近立て続けにDVDを観ています。

「アナと雪の女王」もようやく観ました♪♪

 
でも、今回は「木漏れ日の家で」をご紹介します。

この作品は
「2011年単館興行成績ナンバー1作品! !」
「年配の方の口コミから広がりをみせメイン館の岩波ホールでは連日満席が続く
 大ヒット作! そこから全国に波及し10年に一度の大ヒットへ成長! ! 」
と書かれていました。なんだか凄そうですよね(笑)

 
モノクロの映画で、主人公の91歳の女性の独り言が大半を占めます。
この映画は年代によって受け止め方がかなり異なるのではないでしょうか。
レビューを見ても、人生経験の長い方からとても好評なようです。

私の感想は、そうですね~、愛犬フィラがとてもかわいかったです(笑)

主演の女優さんは、役と同じく撮影当時91歳だったのだそうです。
動きが俊敏なのでもっとお若いと思っていました。驚きです。

 
ストーリーはまたまたAmazonから引用させていただきました。
 ↓↓
【ストーリー】
ワルシャワの森 古い木の屋敷 愛犬フィラ そして私 91歳。
ワルシャワ郊外の緑に囲まれた木造の古い屋敷、その家で愛犬フィラデルフィアと
静かに暮らす一人の女性アニェラ、91歳。
年老いてなお美しく、そして誇り高く生きる彼女は、戦前に両親が建てたその家で
生まれ、成長し、恋をし、夫と暮らし、一人息子ヴィトゥシュを育ててきた。
夫はとうに他界し、息子も結婚して家を出ていた。共産主義時代に政府から強制
された間借人もようやく出ていき、アニェラは今、さほど長くはない自らの余生と
彼女が愛する家をどうするか考えていた。
その家で彼女が体験した忘れることのできない甘美な思い出の数々と、いろいろな
ことが思い通りにはいかずに歯がゆい現実、息子の家族に同居を拒否された寂しさに、
健康への不安…。
やがて彼女が下す人生最後の決断。彼女がただひとつだけ遺そうとしたものとは…。

 
木漏れ日の家で はコメントを受け付けていません。

Posted in 映画

 

久しぶりに空

17 20148月

今日は夕空がガラスっぽい感じでキレイです。
(なんと語彙の少ない表現・・・(汗))

 
2枚とも18:10頃の写真です。

こちらは富士山も写っているのですが、わかりますか?
中心より左よりで、雲がたくさん集まっているところです。
8/17(日)18:10頃

 
こちらはやや北よりの西の空ですが、透明感があってキレイだなと思って撮りました。
同じく8/17(日)18:10頃

なんだか秋の空みたいですね。
季節は確実に移り変わっています・・・。

 
久しぶりに空 はコメントを受け付けていません。

Posted in あれこれ

 

鑑定士と顔のない依頼人

13 20148月

久しぶりに新作映画を観ました(DVD)。
「鑑定士と顔のない依頼人」です。ジャンルはミステリーです。

そして、久しぶりに見ごたえがありました。

 
観終わった後、他の方のレビューを見ると、次のように書かれていました。

 この作品の公開当時は2回観ることにより見方が変わることを売りにしており、
 キャッチコピーは「一度目、美しいワナに絡みとられ、二度目、全ては一転する」。

 
なるほど・・・。

2回見たいところですが、明日返却しなくてはいけないDVDがもう一本。
寝る時間を削れば観られるかも・・・(汗)。

先入観なしで観た方が面白いので、他の方のレビューは読まずにまずは観てみることを
お勧めします。

 
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のバルボッサ、ジェフリー・ラッシュが主演です。
「英国王のスピーチ」にも出ていましたね!わりと好きな俳優さんです。

 
【ストーリー】※Amazonからの引用です。
物語の始まりは、ある鑑定依頼。引き受けたのは、天才的鑑定眼をもち、世界中の美術品を
仕切る一流鑑定士にして、オークショニアのヴァージル・オールドマン。
それは、資産家の両親が亡くなり、屋敷に遺された絵画や家具を査定してほしいという
若い女性からの、ごくありふれた依頼のはずだった。
ところが──依頼人は嘘の口実を重ねて決して姿を現さない。ヴァージルは不信感を抱くも、
屋敷の床にもしそれが本物なら歴史的発見となる、ある美術品の“一部”を見つけ、手を引け
なくなる。
やがて、彼女が屋敷の隠し部屋で暮らしていることを突き止めたヴァージル。
決して部屋から出てこない彼女と壁ごしのやり取りを重ね、我慢できずに姿を覗き見た
ヴァージルは、美しいその姿にどうしようもなく惹かれていく。
ところが、ある日、彼女が忽然と姿を消す─。
果たして奇妙な鑑定依頼の本当の目的とは?ヴァージルの鑑定眼は本物か、節穴か?
謎はまだ、入口に過ぎなかった──。

 
鑑定士と顔のない依頼人 はコメントを受け付けていません。

Posted in 映画

 

明日はスーパームーン

10 20148月

最近月が大きいと思いませんか?

明日8/11(月)の満月はスーパームーンで、とても大きく見えます。

こちらの写真は8/7(木)0:35頃西の空にある月ですが、
あまりに大きかったので思わず写真を撮りました。
写真で伝わるでしょうか。真ん中の黄色が月です。
伝わりにくいですよね・・・残念・・・。

大きな月!

8/11(月)午前3時頃が満月です。2~3時頃、もし起きていらしたら、
そして晴れていたら空を見上げてみてください。
きっと神秘的な月が見られることと思います。

なんだか考えただけでゾクゾクします(笑)

 
 
そして、まったく話は変わりますが、、、

昨日桜木町(横浜)にいくと、ピカチューだらけでした!

駅前はもちろん、ランドマークタワー内にも、日本丸の上にも、
遊園地内にも、そして遠くに見える景色にもピカチューが並んでいます。

どうやらこの辺りはピカチューにジャックされているらしいです。

ピカチューだらけ

親子連れがとても多く、しかもたくさんの人が頭にピカチューをつけていました。
ピカチューの影響力ってすごいですね。

 
思いっきり夏休みを感じた一日でした♪

 
明日はスーパームーン はコメントを受け付けていません。

Posted in あれこれ

 

アバウト・ア・ボーイ

05 20148月

立て続けですが、ニコラス・ホルトとヒュー・グラントが出ている映画
「アバウト・ア・ボーイ」を観ました。

もちろん、ニコラスくんの子供の頃を観たかったのです(不純な動機)。

 
「シングルマン」で美しい青年だったニコラスくんは当時18歳、
「アバウト・ア・ボーイ」ではまだ12歳の少年でした。

12歳の頃は顔が真ん丸で色白で、18歳頃と同じなのは眉の形と目だけでした。
子役からいい形で大人になった感じがします。

 
容姿の話はおいておいて、、、
ストーリーでは、マーカス(ニコラス・ホルト)は学校でいじめられている
のですが、イジイジとめげていません。
そして、母親のために自分にできることを精一杯やろうとする姿がなんとも
たくましく、そんな少年だからこそウィル(ヒュー・グラント)は心にくる
ものがあったのではないかと思います。

少年時代は真っ直ぐなだけに、大人になった自分よりもしっかりしていたと
感じることはありませんか?

それにしてもヒュー・グラントはウィル役にピッタリです。

 
≪ストーリー≫
38歳の独身男ウィル(ヒュー・グランド)は、親の遺産のおかげで働きもせず
に悠々自適の生活を過ごしていた。そんな彼の前に、12歳の少年マーカス
(ニコラス・ホルト)が現れ、たちまち彼の生活はかき乱されていく。
しかし、マーカスは深刻な問題を抱えていることがわかり、次第にウィルは
自分に欠けているものを認識するようになる…。

 
アバウト・ア・ボーイ はコメントを受け付けていません。

Posted in 映画