RSS
 

オブリビオン

01 2月

昨日久しぶりにSF映画を観ました。
トム・クルーズ主演の『オブリビオン』です。

トム・クルーズ主演の映画はなぜかあまり観たことがないのですが、
SFの棚で一番最初に目についたので思い切って借りました。

 
でも、予想外に面白かったです。
いつも、何の先入観もなく観ているからでしょうか。
(妄想は得意なのに、推測は苦手です(笑))

気分転換になる映画をお探しでしたらおすすめします。

 
この映画は2077年の地球が舞台ですが、そういえば、ターミネーターは
2018年が舞台でしたよね?
もうすぐですね・・・。

 
ストーリーはいつものことですが、Amazonから引用させていただきます。
 ↓↓
【ストーリー】
なぜ、彼は人類のいない地球に残されたのか―?
2077年、エイリアンの攻撃を受け、地球は全壊。
生き残った人類は、他の惑星への移住を果たすが、ジャック(トム・クルーズ)は
荒廃した地球に残り、パトロール機バブルシップをかり、高度1000メートルの
上空から地球を監視している。

ある日、ジャックは墜落した宇宙船で眠る美女ジュリア(オルガ・キュレンコ)を
発見する。
目を覚ました彼女は、なぜか逢ったことのないジャックの名を口にした。
彼女に不思議な結びつきを感じながら、次第にあらゆる現実に疑問を抱くように
なっていくジャック。

断片的な記憶を辿るジャックだが、誰もいないはずの地球で謎の男ビーチ
(モーガン・フリーマン)によって拘束される。
ジュリアは何者なのか-?ビーチの目的は-?
彼らによってジャック自身、そして地球の運命が大きく動き始める・・・!

 
オブリビオン はコメントを受け付けていません。

Posted in 映画

 

Comments are closed.