「再就職手当」について質問へ

再就職手当の支給条件に関する疑問解消のためハローワークに行きました。

「事業開始の準備をしているとバレてはいけない」という変なプレッシャーをいだきながら、まずは仕事検索で落ち着くことに。
※実際にはそんなプレッシャーは不要です(笑)

「窓口」とはどこかが分からないので、「仕事検索」の受付で、いろいろ質問しながらついでにお聞きしました。「雇用保険受給手続き」の窓口でした。

窓口に行ってさっそく質問です。対応してくれたのは態度が横柄な年配男性。
【疑問】
 1. (3)により1ヶ月の待期後に事業の準備を開始しなければならないが、
   1ヵ月後の正確な日付は?

  ⇒ これはすぐに教えてくれます。
    たとえば、初回から1週間待期した日が11日であれば、次の月の12日です。
    しかも、この日以降に活動開始すれば再就職手当と助成金の両方支給して
    いただけるとのこと!それはありがたいです。

 2. (4)のロに該当するが、「事業を安定的に継続して行うことができると認められる
   こと」って何がどうなればよいのか?
   しかも窓口っていったいどこ?

  ⇒ 窓口は上で書いたとおり「雇用保険受給手続き」の窓口です。
    この窓口で聞かれたことは次の2点でした。
      ・何の事業をするのか?
      ・その事業は許可や免許はいるのか?
    私の場合、許可や免許はいらないので、「継続して行うことができる」との
    判断でした。案外あっさりしたものでした。

   
【さらに質疑応答】
 1. 私の場合、某月の12日から事業の準備を開始してもよいのだが、
  「法人設立事前届」はいつ出せばよいのか?
  (質問に行った日はまだ待期中で、前月の30日でした)

   ⇒ 「いつだっていいよ」との回答。でも実際はダメなんです!!
     詳しくはまた別の機会に書きますが、待期後(私の場合は12日以降)で
     なければなりません。

     しかも、その態度が横柄な年配男性は「今出しちゃって、実際に活動開始
     するのを12日以降にすればいい。まあ、1ヶ月もないから何も始められ
     ないよ」と薄ら笑い。よくわからないけどなんか感じ悪い。

     一応「では、12日より前に事前届けを提出して、12日以降に実際に活動
     する。そうすれば、再就職手当と助成金の両方をいただけるんですね?」
     と再確認したところ、「そうです。」とのことでした。
     何度も言うようですが、これは間違いです!!気をつけましょう。

【ポイント】
 ・待期期間終了までは動かないようにしましょう。

<<この日の運勢>>
悲観的な考えはウィルスのようなものです。悲観的な考えにどっぷりつかってしまっている誰かのすぐそばにいるだけで、気づかないうちに自分にもそのすべての症状が現れはじめます。ああしたすべての暗い考えや陰鬱(いんうつ)な予測 ― ああしたすべての頭に思い描かれる問題や予期される欠点。人をガチガチと震え出させるにはそれだけで十分です。治療方法はないのでしょうか? もちろんありますとも! 楽観主義者を探しに行って、その人のそばにいる必要さえありません。ただあなたの心の奥深くにある希望と信念の貯蔵地に手を伸ばせばいいだけです。

コメントは受け付けていません。