森さんについて

最近の森会長の発言のこと。

個人的には謝罪は必要ないと思う。
なぜならば、森さんはきっと本音を語っただけだから。
他人から「そんな風に感じてはいけないんだ」なんて言われても、
感じてしまうんだから仕方がない。
悪いことでも何でもない。無知なだけ(言い過ぎてます💧)

組織のトップがそんな人であることは心底残念ですが、
そのような考えが日本に根強く残っているということを公にするという意味では、必要な発言だったのかも知れないなと思います。

しかしながら「女性蔑視発言」がこれほど世界中で取り上げられるとは、
国を問わず深く根付いている問題なのでしょうか。

そんな考え(感情)はどこから来たのでしょうね。
大昔、まだ女性が指導者的な立場だったときに、
それに嫉妬した男性が
「女性は弱いもの⇒男性が守るもの⇒男性の方が強い⇒男性の方が上」
という風に人々の考えを導いていったと聞きますが。

今回の出来事については、
・女性蔑視はどこからきたのか(長い時間をかけて醸成した根深い問題)
・あらゆる世代に浸透しているのか(令和世代は違うのか)
・能力主義になると人間力は無視されるのか
・組織のトップになって欲しい人とは
こんなことを考えるよいきっかけになったのかな、と思いました。

いずれにせよ、そんなこと話題にもならない世の中がいいですね。
(「そんな風に考える人もいるんだ~」といった感じで。)